12.02.2015

次年度指導内容について

次年度の指導内容について、
塾生保護者様には、お知らせにて通知いたしました。
以下は、その内容について記載します。

~指導内容の変更について~

<1>集団ライブ授業の時間が、習熟度別個別指導の時間に変わります。
①習熟度別個別指導の授業は、以下のような順序で進めます。
(1)各教科各単元の導入部分(3分~8分程度)は、個人の習熟度別の映像授業を受講します。
⇒大切なところは、ノートにまとめるかテキストに書きこみます。

(2)個人の習熟度に合わせて講師が指示をしたテキストの問題演習をします。
⇒分からない箇所は講師へ質問するか、各問題の映像授業の解説(3分程度)を受講します。

(3)講師が単元別の理解度を確認します。
⇒理解できていれば次の単元へ進み、理解不足の場合は講師による個別指導を受講します。

②習熟度別個別指導で使用する映像授業は、塾で使用するテキストの単元導入と問題解説を全て収録してあります。また、映像授業は塾で用意したタブレットで視聴してもらいます。
③習熟度別個別指導の最大の特徴は、「映像による習熟度別授業+専任講師による個別指導」のダブル個別指導形式で授業が受けられるところです。これにより、授業内での個人サポート体制が強化され生徒は今まで以上に「分かる」「理解できた」を実感できることになります。

<2>個別課題指導の内容が変わります。
(中学生)
個別課題指導の時間では、eトレを使用し習熟度に合わせた演習中心の指導をしていましたが、集団ライブ授業が習熟度別個別指導へ変わることから、この時間は習熟度にこだわらず、各科目のテストで頻出の基本用語や英単語・重要英文・漢字などに絞って暗記させます。学校で実施されるテスト(学診・入試も含む)では、これらの知識を利用し解く問題がほとんどのため、事前に暗記することによりテスト直前では効率的に学習が進められ、高得点が期待できます。暗記の確認は、小テスト形式で実施します。
(小学生)
習熟度個別授業の内容の定着を図るための時間とし、ドリル演習をします。また、学校の宿題の質問受付もこの時間に対応したいと思います。

※上記の指導内容の変更から以下のことが対応できるようになります。
・欠席の際の振替受講⇒欠席や遅刻の際には、全て振替の授業を受講できます。
・苦手科目の重点学習⇒不得意科目を多めの時間設定にて授業を受講できます。
・遡り学習⇒分からない単元に遡って授業を受講できます。
・先取り学習⇒得意科目は進級内容も含め、先の内容の授業を受講できます。
・高速学習⇒遡り学習も先取り学習も高速で授業を受講できます。
・範囲を絞った重点学習⇒学校のテスト直前にテスト範囲内の授業を受講できます。
・理解不足の解消・復習⇒同じ単元の授業を何度でも受講できます。

⇒個別対応の時間を多くしたため、個々のニーズに対応しやすくなります。

以上の記載は、具体的な部分もありますが、
あくまでも方向性としてとらえていただき、
より具体的には、2月に発表したいと思います。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
冬期講習生受付中!!

詳細は、ホームページにて公開中!
www.kgmarks.com/

<お問い合わせ・お申込み>
受付総合案内
0120-43-9294(平日15:30~)

0 件のコメント :

コメントを投稿