9.02.2014

質の良い勉強をしよう!(定期テストに向けて)

中学生は、今週の木曜日より、定期テスト対策がはじまります。
開校以来、2回目の定期テスト対策です。
前回に引き続き高得点を目指して頑張りましょう!

定期テストで高得点を取るために一番大切なことは、
質の良い勉強をすることです。

では、質の良い勉強とは何なのか?
だれかに強制的に指示されるがままにやる勉強ではなく、
何をどのように勉強したら、良い点が取れるのかを自ら考え計画し、
その計画を自ら決定した時間に進めていくことです。

さらに、勉強を始める直前に、3分ほど時間をとり、
これから「何を勉強して、その勉強で何を身につけるのか。」
を確認して下さい。こうすることによって、さらに質の良い勉強になっていきます。

前回のテスト対策は、かなり塾での時間を作り、強制的に問題練習をさせました。
もちろん、こうした勉強方法を続けさせなければならない子もいますが・・・。
しかし、質の良い勉強ができる子はテストに強いので、
質の良い勉強を身につける努力をしましょう。

繰り返しますが、テストで高得点を取るために必要なことは、
質の良い勉強を実践することです。

質の良い勉強をする中で、
問題練習をたくさん取り入れ、問題パターンに多くふれ、
それを自分の知識として得た者が、自己最高得点に到達できます。
高得点奪取のために、問題練習にまさる勉強法は見当たりません。

塾では夏休み期間で、授業は先行して行いました。
よって、すぐに問題練習ができるはずです。
今回のテストに向けての準備としては、
この2週間で、問題演習の量を質の良い勉強内でいかに増やすかです。
それは、塾内だけではなく家でもです。

学校祭等があるこの時期だからこそ、
「時間がない。」とか言い訳するのではなく、
質の良い勉強を取り入れ、要領良く勉強する方法を身につけて下さい。
これから先のテストはもちろん、高校入試や大学入試の際にも役に立ちます。

0 件のコメント :

コメントを投稿