7.15.2014

定期テスト対策で過去問題をやらない理由①

多くの学習塾では,定期テスト直前に、通っている中学校の過去問題を配布したり、

解かせたりしますが、KGMARKSでは、そのようなことは一切しません。

その理由をよく聞かれるのですが・・・。

 

理由は2つありますが、
 
2つとも「最終目標は入試突破」という考えに基づいたものです。

 

1つ目としてお話させていただきます。

 

自分は今までに中学校の定期テストの過去問題を題材にテスト対策をやっていました。
 
しかし、そのテスト対策のやり方には違和感がありました。
 
理由は、過去問題と同じパターンの問題が出ると、
 
多くの生徒が高得点を取ることができるのですが、
 
同じパターンではないと、
 
高得点を取ってくる生徒とそうではない生徒の得点差が出てしまいます。
 
このような状況をしっかりと分析すると、
 
どんな問題パターンでも高得点を取る生徒は、
 
テスト前に色々なパターンの問題をしっかりと練習しています。
 
「もし、過去問題以外のパターンが出題されたらどうしよう。」
 
という思いで練習しているのです。
 
だから、しっかりとテストに向けて学力を伸ばします。
 
しかし、過去問題に頼っている生徒は、
 
過去問題を全部解けるようになると、
 
その時点の勉強で満足してしまう傾向にあります。
 
「よし、実際に出された問題ができるのだから問題なしだ。」
 
という安心感を持つようです。
 
前者のように、自分に対しての厳しい考えを持って行動できる生徒は、
 
テストに向けて学力を伸ばすことができます。
 
そして、最終目標である入試突破につながるわけです。

 

~つづく~

0 件のコメント :

コメントを投稿