6.20.2014

最終目標は志望校合格です。

昨日で3週間に渡って実施した前期中間テスト対策期間が終わりました。

対策ではテスト範囲の問題練習を中心に行いました。


テストで結果を残すためには、勉強した内容を「わかった」から、

「できる」「解ける」という段階まで練習をしておく必要があります。

KGMARKSでは、個別課題指導にてこれらを実践していますが、

テスト対策期間内においては、各学校のテスト範囲に合わせ、さらに、

個々の習熟度により、講師が問題を選定して練習をさせています。

どれだけ、練習したのか?言葉では表現しづらいので、

下に画像を掲載しておきました。

画像はある生徒のテスト対策で練習した分量をファイルに収めたのもです。

およそ2週間での練習プリントです。


 
もちろん、これだけやれば大丈夫なんて言っているわけではありません。
 
最初にお話しましたが、「できる」・「解ける」ようになるために練習をしているのです。
 
そのステージに上がるまでには、個々差があります。
 
こんなに練習しなくてもできるようになる生徒や、
 
もっと練習しないとできるようにならない生徒など様々です。
 
 
すべての生徒のテスト結果が来週には出てくるでしょう。
 
KGMARKSではその結果から次のテストに向けて、
 
個々の学習計画を子どもたちといっしょに考えます。
 
『学習計画⇒学習⇒テスト⇒結果⇒反省⇒学習計画⇒学習⇒・・・・・入試⇒結果。』
 
この繰り返しが、入試まで続きます。そして、最終的には志望校合格へと導きます。

0 件のコメント :

コメントを投稿