4.10.2014

2世代で塾のファンって凄いと思いませんか?

今日もポスティングチラシを入れさせて頂きました。天気は曇りでしたが、汗っかきの自分には絶好のポスティング日和です。なんて、思いながらコツコツと各ご家庭のポストに投函させて頂きました。お昼過ぎに雨が降ってきたところで、今日のポスティングは終了としました。


ところで話は変わりますが、今日は神奈川で自分が働いていた塾を紹介したいと思います。名前は学心塾です。かつて、インド式計算でフジテレビでも紹介された塾です。テレビで紹介されたというと、皆さんは大きい塾を想像するかもしれませんが、神奈川では決して大手塾というわけではありません。位置づけとしては、中堅塾といったところでしょうか。神奈川県の西部を中心に教室を展開しています。自分が働いていたとはいっても、KGMARKSも学心塾の新ブランドということで開校していますので、正しくは、働く場所が福井に移ったということです。

入塾を検討されている方から、学心塾の良さは何ですか?ってよく聞かれますが、数ある中で、自分はいつも、「地域に根ざして50年以上続いてる塾です。」って言います。50年って簡単に言いますが、自分が生まれる前からある塾なんです。ですから、子どもたちを教えていて、お父さんもお母さんも学心塾に通っていたということはよくあることなんです。自分の教えた生徒でも、お母さんがかつて自分が教えた生徒だったこともありました。2世代で塾に来てくれるって凄いことだと思いませんか?

大学生から学心塾の時間講師を経て(今でいうインターンシップ制度?)、大学卒業時に新卒でこの学心塾に入社しました。我々の業界は、離職率が高い業界で有名です。そのような業界で、自分がこうして長く働くことができた理由は、やはり学心塾という会社にあると思います。代表をはじめ、とにかく社員全員の教育に対する気持ちが熱いんです。教育ネタになると、授業が終わってから朝まで意見をぶつけ合うということもしばしばですし、いつでも生徒の気持ちに熱心に応えるんです。教育に終わりはありませんし、限界もありません。常に前を向いて教育について考える仲間が近くにいるということは、常に新鮮な気持ちになりますし、励みにもなります。だから、長くこの会社で働くことができているのだと思います。また、50年以上も学心塾が続いた理由もまさに、このような社員の教育に対する姿勢にあります。周りで50年も続いている塾はありません。地域のライバル塾もどんどん教室を閉める中で、我々は生き残ってきました。そして、“2世代で学心ファン”という我々にとってはとても嬉しいことを今経験しています。

ここで、学心塾のホームページをご紹介します。
各教室がそれぞれの思いをブログという形で綴っています。
まだ、勉強中の若い塾もありますが、ぜひ一度ご覧ください。

学心塾ホームページはこちらから




0 件のコメント :

コメントを投稿